第二新卒での募集は既卒でも応募は可能?

転職活動をする上で、企業が出している求人内容を読み解くということは非常に重要な行動です。求人広告にその企業の全てが載せられているわけではありませんが、ある程度の内容は確実に読みとることができます。では実際に、第二新卒者募集の求人内容で、既卒者が応募可能かどうかを読み取るポイントを学んでみましょう。

◆第二新卒者と既卒者の違いは?

sigotojypunotukiai-4

第二新卒者にしても既卒者にしても、明確に法律などで定義されたものはありません。ですが、一般的に、教育機関卒業後にどこかの企業に就職し、その後1~3年以内に退職した者(または現在退職予定の者)を第二新卒と呼びます。一方、既卒者は教育機関卒業後にどこの企業にも就職したことがない者を指しています。教育機関卒業後、アルバイトなどでの就労のみの場合も既卒者に含まれます。

既卒者と第二新卒者であれば、既卒者の方が転職活動では不利とされることが一般的です。また、既卒者は、資格取得のための勉強や専門学校への通学などを除いて、就職していない期間が長ければ長いほど転職市場では不利になると言われています。

◆第二新卒募集の求人で既卒者は応募可能?

altupakumennsetutaisho-3

第二新卒者募集の求人広告を見かけた場合、既卒だから資格に該当しないとすぐに諦めていませんか?確かに第二新卒者と既卒者では、対象者となる人が異なります。ですが、中には既卒者でも応募が可能で、かつ採用されている企業もあります。

では、どのような広告であれば、第二新卒者募集の広告で既卒者でも応募が可能であると見分けることができるのでしょうか。

求人内容に「未経験者歓迎」や「経歴不問」などと記載されている場合は、既卒者でも応募可能である場合が多くあります。心配な場合は、事前に企業に電話などで問い合わせてみると良いでしょう。

◆既卒者でも応募可能かどうかを問い合わせる時の注意点とは?

d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_s

第二新卒者と既卒者が区別される大きな理由は、「ビジネスシーンに通用するビジネスマナーを習得しているかどうか」です。第二新卒者は、就労期間が短かったとはいえ、学生ではなく社会人としての経験があります。

入社後に行われる社会人としての常識の教育を受けています。電話応対の仕方、ビジネス文書の書き方、挨拶の仕方、名刺の受け渡しの方法、敬語の使い方などです。採用担当者が、既卒者を採用する際に懸念するポイントが、そのようなビジネスマナーを知らないという点です。

ですので、企業へ問い合わせを入れる際や、応募書類を送付する際などに必要なビジネスマナーはきちんと押さえておくことが重要です。
言い換えると、きちんとしたビジネスマナーが習得されているのであれば、既卒者でも構わないという考え方の企業も多くあるということです。

◆既卒者が第二新卒募集枠の採用を勝ち取るには

dainisisotugokui-3

既卒者が第二新卒者募集枠の採用を勝ち取るには、何が必要なのでしょうか。前述したように、まずはビジネスマナーが習得できているということをアピールすることです。例えば、ホテルなどでの長期のアルバイト経験などがある場合は、履歴書などに記載しておくことをおすすめします。

応募しようとする企業に関連するアルバイト経験がある場合も、アピールポイントになるので書類や面接でアピールしましょう。職務経歴とまではいきませんが、全くの未経験よりも少しですが有利になる場合があります。

ですが、アルバイトと正社員とでは、働く上で責任や仕事の範疇が大きく違うので、自信満々に職務経歴があるなどと言ってしまうのは、採用担当者に煙たい顔をされる可能性があります。あくまでも、アルバイトとしての経験はあると謙虚な姿勢でアピールするようにしましょう。

第二新卒者よりも不利だとされる既卒の立場ですが、採用担当者は立場ばかりで判断しているわけではありません。仕事に対する姿勢や考え方、いかにその企業に就職したいかという熱意など様々な要素を考慮して判断します。既卒だからと諦めるのではなく、前向きにチャレンジしていくことをおすすめします。