未経験歓迎はブラック企業である可能性が高い?

転職活動を始める際、応募企業を選ぶ時に気になる「ブラック企業」の存在。時間と労力を使って転職するのに、次の職場がブラック企業だったら…と思うとゾッとするものです。ブラック企業の見分け方の1つに「未経験歓迎」がありますが、実際指標になるのでしょうか。

■未経験歓迎=ブラック企業と言われるワケは?

そもそも巷で噂になる「未経験者歓迎=ブラック企業」とは、なぜそう世間に認識されるのでしょうか?

一般的には、中途採用となるとその人物のキャリアを企業が評価し、即戦力になる人を求めます。未経験者でも採用したいという企業の場合は、慢性的な人手不足が疑われます。

離職率が高く、人手が足りていないことで未経験者を採用するものの、人手が足りていない故に新人教育がスムーズにできずに社員を使い捨てにしてしまう、と判断されることが多いようです。

未経験者歓迎を売り文句にしている企業の中には、実際にそのような状態の企業もあるので、転職活動での企業研究は非常に重要です。多角的な視点で企業を判断することをおすすめします。

■未経験者歓迎!でもブラックではない企業もある?

未経験者を歓迎している企業でも、中にはブラック企業でない場合もあります。

経験者を募集していてもなかなか人材が集まらないケースでは、人材を集めるために「未経験者歓迎」として求人を出す場合もあります。こういったケースは特に中小企業で多く、その中には隠れた優良企業もたくさんあります。

経験者=キャリアを積んだ中堅社員
未経験者=キャリアの浅い若手社員

という位置づけで未経験者歓迎という求人を出す企業もあります。この場合は、未経験者でも全般的に歓迎しているわけではなく、「若手であれば」未経験者でも歓迎という意味合いになります。

基本的に若年者を採用したいという前提があるので、ある程度年齢を重ねた転職者の場合は、その見極めが必要です。心配な場合は、募集しているおおまかな年齢を直接企業に問い合わせをしてみても良いでしょう。

■ブラック企業を見極めるには

未経験者歓迎の企業の中で、ブラック企業かどうかの見極めは他の情報も集めて総合的に判断するようにしましょう。

例えば、求人を頻繁に出している企業の場合は、離職率が高く人材が定着しない可能性が高いでしょう。人材が定着しない企業の場合は、入社してもきちんと仕事を教えてもらえず、慣れるまではかなり厳しい環境に置かれることが予想されます。

インターネット等の口コミサイトもある程度は指標になります。明らかにブラック企業である場合は、具体的な内容がたくさん書き込まれていることがあります。ただし、口コミサイトは、ほぼ離職者が書き込んでいる点に注意しましょう。何かしらその企業での仕事に不満を持って退職していることが多く、信ぴょう性に欠けるところがあります。

面接の際に、合否がすぐに言い渡されるようなケースは、かなり慎重になった方が良いでしょう。採用を急ぐ理由は何なのかをきちんと調べてから内定受諾の返事をすることをおすすめします。

転職活動中は早く仕事を見つけたいがために、内定と言われるとすぐに返事してしまいたくなりますが、これから先の長い時間を思うと、やはり企業選びは慎重にするべきだと言えるでしょう。

良くトラブルになるのが「内定です」と言われ思わず「ありがとうございます」と答えてしまった場合です。内定を受諾したと取られる可能性があるので、言葉選びは慎重にしましょう。

未経験者歓迎を求人に掲げる企業は、ブラック企業である場合も多く注意が必要です。しかし、中には優良な企業も含まれていることがあるので、未経験者歓迎だからと言って初めから候補から外すのではなく、条件や仕事内容などが希望通りであれば、一度企業研究してみてはいかがでしょうか。