離職証明書と退職証明書の違いについて

離職証明書(離職票)と退職証明書はどちらも退職の時の書類ですが、2つは何が違うのでしょうか。それぞれの発行目的や性質の違いなどについて学びましょう。

◆離職証明書(離職票)とは?

sigotojypunotukiai-1

離職票は一般的な企業に勤めていた場合、退職時には必ず発行されます。退職前の過去6か月間の給与や出勤日数、雇用形態、退職日、退職理由などが分かるようになった書類です。

退職後、退職者が住所地のハローワークに出向き、退職の証明をして失業給付金の給付を申請する際に使用します。また、国民健康保険の更新時や、確定申告の際にも使用することがありますので、失くさないように管理しておくことをおすすめします。

離職証明書(離職票)の発行は、前の(退職する)職場が手続きを行います。その会社を退職した10日以内に手続きをし、発行されます。

通常は、雇用保険喪失届も同時に手続きされ、いずれも退職日に手渡しされるか、後日郵送で受け取ります。

【発行者】前の(退職する)職場
【発行日】退職して10日以内
【使用目的】失業保険の給付申請(ハローワーク)、国民健康保険の更新、確定申告
【書式】決められた書式があり、記載内容も定められたもののみ記載される

◆万が一、離職証明書(離職票)を紛失した際には

sigotojypunotukiai-2

離職証明書(離職票)は紛失のないよう十分に気をつけて扱いたい書類ですが、万が一、紛失してしまった際には、手続きをして再発行することが可能です。

紛失に気が付いた時からなるべく早くに再発行の手続きをするようにしましょう。自分の住所地のハローワークでも手続きができますが時間がかかる場合があるので、前の(退職する)職場の住所地の管轄ハローワークで手続きすることをおすすめします。

再発行には、申請書類と離職票再交付申請書、免許証やパスポート等の写真付きの身分証明書、損傷した離職票(紛失の場合は必要なし)の4(紛失の場合は3)点の書類が必要になります。申請書類と離職票再交付申請書はハローワークに行けばすぐに受け取ることができ、また、ハローワークのホームページからダウンロードすることも可能です。

再発行は前の(退職する)職場経由でも申請が可能ですが、時間がかかるので自分で手続きすることをおすすめします。

◆退職証明書とは?

umakuikanaitokinotaishohou-2

離職証明書(離職票)が必ず発行されるものに対し、退職証明書は希望した場合にのみ、前の(退職する)職場に申し出て発行してもらう書類です。

決まった書式はなく、また、記載してほしい内容も退職者が申し出て記載してもらえることが特徴です。

退職証明書は、次に転職先が決まっている場合に転職先から提出を求められた際に提出する書類で、就職先によっては提出を求められない場合もあります。

記載内容は、退職理由や、在籍時の仕事の実績などその人の仕事ぶりを証明するものです。作成は前の(退職する)職場に依頼して作成してもらいます。その際に、載せてほしい内容があればその旨を伝えておくようにしましょう。

転職先への提出のほかは、社会保険から国民健康保険に切り替える際に、退職した証明としても利用できます。申請しないと発行されない書類ですので、退職後に退職証明書が必要であることが分かった場合は、前の(退職する)職場にコンタクトを取り発行してもらうようにしましょう。

【発行者】前の(退職する)職場
【発行日】退職者が請求してから後すみやかに
【使用目的】転職先の企業に対し実績等の証明として、社会保険から国民健康保険へ切り替える際の退職証明として
【書式】定められたものがないので、雛型を用意する必要がある。記載内容について希望を伝えることができる

離職証明書(離職票)と退職証明書は、同じ退職を示す書類ですが、その使用目的や重要度などが大きく違うので間違えないようにしましょう。離職証明書(離職票)は申請しなくても交付されますが、退職証明書は申請しないと発行されません。その点も気をつけたいポイントです。