書類選考で不採用の場合、連絡通知は来ない?再度応募で合格はできる?

書類選考のために必要書類を郵送したら、誰もがその結果が気になることでしょう。書類選考に通過した場合、連絡がくるのは当たり前のことですが、不合格の場合はどうなのでしょうか。

また、一度不合格だと判断されても、どうしても諦めきれない場合、再応募は可能なのでしょうか。

◆書類選考の結果連絡はどのようなやりとりがされている?

shoruiseinnkououbo-1

書類選考の結果が無事に採用と判断が下されると、採用担当者から直接電話連絡がくるのが一般的です。その際に次回面接の日取りなどを決めるパターンが多いでしょう。

就職や転職サイトを通しての応募の場合は、そのサイト経由のメールで書類通過連絡が届き、次回面接の日取りを決めるということもあります。

では、不採用だった場合はどうでしょうか。

不採用の際も電話連絡をする企業もありますが、あまり一般的な方法ではありません。

不採用の場合は、封書で応募のお礼と不採用を詫びた文書が届くというパターンが一番多いでしょう。文書と一緒に応募書類の返却を行っている丁寧な企業もあります。

採用の連絡の時と同じく、就職や転職サイトを通しての応募の場合は、そのサイト経由のメールで結果連絡が来る場合もあります。

応募時に、「書類選考通過者にのみ結果はご連絡いたします」などの注意書きがある場合は、書類選考通過者にのみ連絡され、不採用の場合は連絡が来ません。

中には、注意書きもなしに採用者にしか結果連絡をしない企業もあります。そういった行為は企業のイメージを損なうことになります。自社の社員になるかもしれない人のみを大切にし、それ以外はどうでもいいとも取れる態度です。

そのような企業は、入社してからも社員を大切にしていない場合が多く、不採用になったことで反対に企業の本当の姿を見ることができたと思うようにすると良いでしょう。

では、不採用の連絡がいつ来るかということですが、一般的には、不採用通知は採用通知よりも結果連絡が来るのが遅いことが多いものです。3週間後や1か月後またはそれ以上という場合もあります。

不採用の連絡が遅いのは、採用者を優先に先に連絡しており不採用者への連絡が後回しになる場合や、しっかり選考した結果という企業の態度を表すため、単に応募者が多く作業に時間がかかったなど、理由は様々です。

◆書類選考で不採用になった企業に再応募はしても良い?

shoruiseinnkououbo-2

大企業などでは求人の詳細の部分に「過去2年以内に自社の選考を受けた方は対象外」などの注意書きがされている場合があります。その際は、過去2年以内に選考を受けた人はもちろん受けることができませんが、そのような特別な記述がない場合は再応募が基本的には可能です。

ただし、再応募者に対して好意的に見る企業とそうでない企業があるのも確かです。

◆再応募する際に気を付けたいポイント

shoruiseinnkououbo-3

再応募をする際には、なぜ不採用だったのか、企業の募集と自分の書類とのズレがどこなのかということを把握しない限り、何度応募しても結果は変わらないでしょう。企業の求人の詳細を必ず確認することをおすすめします。

また、前回不採用であった理由が、年齢や学歴、転職回数など変えることができない条件の部分である場合は、何度挑戦しても合格を得ることは極めて困難であると言えます。

なぜどうしてもその企業に入りたいのかを明確にすること、一度不採用となった後、再挑戦するために行った資格の取得などの努力をアピールすることは忘れずにしておきたいポイントです。

職務経歴書なども同じ内容だからといって同じものを出すのではなく、より伝わりやすい書類になるように見直して、作り替えるひと手間は必ず入れるようにしましょう。

書類選考の結果など、企業からの何らかの返答を待っている間は、普段以上に時間が長く感じられるものです。早く結果が知りたいとは思うものですが、企業にも採用活動の段取りがあるものなので、あまり気にしすぎず気長に待つと良いでしょう。