再就職の面接でよく聞かれる質問内容

転職や就職活動での面接は大変緊張するものです。就職している期間にブランクのある「再就職」の場合は、不安も倍増するという人がほとんどなのではないでしょうか。再就職の面接でどのような内容が質問されるのかをある程度把握しておくと安心です。

■まずは基本的な部分をきちんと準備しましょう

再就職に限らず、ブランクのない転職などでも必ずと言っていいほど聞かれる質問があります。再就職の面接準備においても、必ず基本事項については準備しておく必要があります。基本事項とは、自己PR・志望動機・退職理由の3つです。

(1)自己PR

自己PRでは、基本的にはこれまでの職務経歴を中心に内容を組み立てます。応募する仕事に自分のキャリアのどのような部分が活かせるのか、具体的に答えましょう。自分がその会社で働いている姿を面接官にイメージさせられるように工夫しましょう。

(2)志望動機

志望動機は、企業研究の成果のみせどころです。その業界、その職種を希望する理由と、必ずなぜその会社でなくてはならないのかを説明します。

具体的で内容の濃いものに仕上げることで、どのくらい企業研究してきたかを伝えることが出来ます。他の会社にも同じように使い回しができそうな薄っぺらな内容である場合は、時間を取って練り直すことをおすすめします。他の会社ではなく、その会社でどんな風に働きたいかを伝えても良いでしょう。

(3)退職理由

退職理由も面接での代表的な質問内容のうちの1つです。退職内容はネガティブな要素が含まれていることが多いものですが、愚痴や文句、悪口にはならないように気をつけて話す必要があります。

多くの会社は前向きなタイプの社員を望みます。ネガティブな内容でもポジティブな言葉で言い換えができるように準備しておくことがポイントです。

例えば、個人ワークの重荷が辛くて退職した場合などは、前の職場では、個人ワークが中心だったが多くの人とコミュニケーションを取り、自分の視野を広げて仕事がしたいと言い換えることができます。

■再就職の面接ならではの質問とは?

(1)その間にしていたことは何か?

仕事をしていない期間が長ければ長いほど、その間何をして過ごしていたのか、その間転職活動をしていたのかなどの質問をされる可能性が高いでしょう。

その間に何か次の仕事に関係のある資格等を取得している場合はアピール材料にもなるので、伝えるようにしましょう。

再就職の場合は、仕事をしていない期間が短ければ短いほど有利ですが、アルバイトなどで働いている場合は、正社員で就職していない期間が長くなっていることもあります。

たとえ雇用形態がパートやアルバイトなどであっても、仕事内容や職種によってはアピール材料になる場合もあります。どのようなことを意識して仕事をしていたかなどを伝えましょう。

(2)なぜ就職しようと思ったのか

働いていない期間が長い人は、なぜ就職しようと思ったのかを聞かれることもよくあります。採用しても、仕事をすること自体に本人が慣れていなくて、生活のギャップや生活リズムの変化などからすぐに辞めてしまうのではないかと採用担当者は不安に感じているのです。

就職することへの意気込みや決意をきちんと伝えることがポイントです。

また、同時に聞かれることが多いものの1つに「正社員へのこだわり」があります。なぜアルバイトではなく正社員として働きたいのかを聞かれますので、回答を準備しておくようにしましょう。

再就職の面接では、なぜ就職していなかったのか、なぜ働こうと思ったのか、なぜ正社員での就職なのかなど、理由を聞かれるような質問をされることがよくあります。言い訳にならないように、自分の考えが甘かった部分は素直に認め、前向きに進んでいくという気持ちの強さをアピールしましょう。